つるかめで、野菜を買い込む

ラベル: ,

はあ…さきほどシソ大葉のにんにく醤油漬けを作るために、シソの葉を洗って一枚一枚ていねいに水分を拭き取り終えました。
地味な作業でちょっと疲れた。
何枚あったのだろう。50枚以上はありました。
体感では100枚くらい…。(たぶんそんなにはない。)

今日はお野菜が安いスーパーへ行き、いろいろと買い込んできました。
そのスーパーとは、つるかめランド。
吉祥寺の駅からは少し離れた場所にあります。
吉祥寺駅の北口から西荻窪方面に向かって、線路伝いにずっと歩いて、五日市街道と交差するあたりの高架下にあるお店です。


五日市街道を挟んで、反対側から撮ったお店の外観。↑
こうしてみるとなかなかの迫力。

駅からですと…10分くらいになるでしょうか?
ちょっと離れてはいるのですが、ここのつるかめランドはなんといっても、お野菜が安いんです。
今日漬け込んだ大葉は、1ケースでなんと150円。
普通スーパーなどで購入すると一束で40円やら60円やらするシソの大葉が、1ケースに10束くらい入っていたので驚きのお買い得商品です。
他にもレタスがふたつで100円だったり、スプラウト4つで100円だったり。
買い物に夢中で撮り忘れてしまいましたが、スーパーの店舗前にスペースがあって、その空間に段ボールが所狭しと並べられて八百屋さんのようになっているんですよ。
値段の札も昔ながらの雰囲気で、切った段ボールにおじさんの字で産地や品名が書かれているのですが、それがちょっとおもしろい。
詳しくは忘れてしまって正確じゃないですが、さやいんげん山盛り入った袋のところには、「新鮮なさやいんげんがこんな値段で…今夜は天ぷらが食べたい心地だ。」とか、おじさんの一言が書き加えてあります。
思わずじっくり読みながら野菜の物色。

季節や行ったときのタイミングでお買い得の野菜は変わりますが、お野菜をたくさん摂りたい〜となったときは重宝しています。
普通に野菜を買うならば西友やライフなどの大きなスーパーや、中道通の八百屋さん数軒のほうが駅から近くて便利ですね。
しかしここのつるかめは、ほかであんまり見ないような西の野菜がポッと置いてあることがあったり、または「1パック100円、2パックでも同じ100円」みたいな『…え?』という不思議な売り方をしているのを見るのがおもしろいです。
そしてこんなにどうするのよ…というくらい袋にたっぷり入ってお買い得価格で売られている商品で、ちょうど保存食として欲しい物があったときのうれしさ。
今日仕込んだシソのにんにく醤油漬けが出来上がったら、シソの葉っぱを海苔代わりに巻いたおにぎりを作ります。
そのほかにんにくとシソのエキスがたっぷりのお醤油は、様々な料理に使えて、いいんですよ。
おなかが空いてきました。

これからの季節でぜひとも…と狙っているのは、みょうがです。
たくさん買って、甘酢漬けにしたい。
おやつにもポリポリ食べられて大変ヘルシー。
二、三個パックに入って100円しているようでは、お高くて手が出ません。
薬味としてのみょうがではなくて、そのものをどっさり食べたい。
みょうがのどっさり袋、出るでしょうか…楽しみです。

あ!もちろんこちらのつるかめランドは食品スーパーですので、精肉や鮮魚や乾物やらインスタントやらお菓子やら様々なものが売られています。
私はここでは主に野菜を買うので、まるで八百屋さんのような気分でおります。
ややこしくてスミマセン。

今日はお店の話なのか食べ物の話なのか、よくわからない内容になってしまいました…。
折りをみて、中道通りの八百屋さんのことも書きたいです。


ぽちぽちっと応援、よろしくお願いします♪
  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ 


つるかめランド 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目37−11 ‎

大きな地図で見る

0 コメント:

コメントを投稿